営業研修で学んだ無理な要求をかわす方法

4月 10, 2014コメントは受け付けていません。

商品を販売するに当たり何の問題もなく、私たちの希望通りの条件で「分かりました」と即決するお客様はいないでしょう。金額が大きい場合や注文数量が多い場合には、必ずと言っていいほど値引き交渉が行われているのです。

お客様の要望は値段だけではありません。早急に商品が欲しいと納期を狭まれたり、無理難題を言われたりすることも多いのです。このような場合の対処法に頭を抱えている人も多いのではないでしょうか。営業研修の際によく言われるのが、自分とお客様は対等な立場であるということです。

お客様の要望を何でも聞いていたら赤字となってしまいます。また、他社との値段の下げ合いで悪循環を招いてしまうのです。だからと言って「できません」と真っ向から対立してしまうのはよくありません。

断るにしても言い方一つで相手の印象は変わります。営業研修ではビジネストークのノウハウを教えてもらえます。相手に伝わるトークができることで、次へと繋がる営業ができるのです。

交渉術

営業研修により新規開拓の悩みを克服

3月 6, 2014コメントは受け付けていません。

会社にとって新規開拓は大きな課題である反面、一番の願いでもあります。営業の業務の中でも最も難しい部分ではないでしょうか。新規開拓による営業研修の要望は多く見られます。新規開拓をまずお客様のリスト作成から始まります。

漠然にリスト作成といってもどこから探せばいいのか見当も付かないと思います。電話帳やインターネットから担当地域の情報を収集するのです。リストをもとに営業活動の計画を立てます。特別な知識や技術よりも、計画通りに1件1件根気よく訪問することが大切です。

知らないところへの訪問は緊張と不安で一杯だと思います。しかし、誠意を持ち分かり易くアプローチしなければお客様には伝わりません。断られてもいいのです。見込みのないお客様にしつこくアプローチしても契約へとは繋がりません。

感謝の言葉を述べ気持ちよくその場は去ることで、好印象を与え次へと繋がるのです。営業研修では気持ちの切り替えができるよう、メンタル部分の強化にも力を入れています。

営業研修を受けるのは新入社員だけではありません

12月 1, 2013コメントは受け付けていません。

営業研修は入社した際に受ける教育だと思っていませんか?会社の業績にかかわる営業の仕事は、実績が数字として表れるためプレッシャーも大きいことと思います。

中にはノルマが課せられ、なかなか伸びない売り上げを前に、ノルマが達成できるのだろうかと不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。不景気である現在ではベテラン営業マンでさえも、あらゆる戦略に頭を悩ませていることと多いと思います。

営業活動に行き詰まり発揮が落ちてしまっては悪循環を招いてしまいます。取れる契約もタイミングを逃してしまうこともあるのです。このような事態を改善する為にも営業研修は必要とされています。

営業研修により改善の糸口を見つけ、実際に行動に移すことで新たな利益を生み出すこともできます。自信が持てるようになると、周りも見れるようになり営業社員の活性化へとも繋がります。営業研修により苦手意識を克服することで、営業活動へのやる気も見出せるのではないでしょうか。

ビジネス 教育

プレゼンテーションの為の営業研修

11月 19, 2013コメントは受け付けていません。

事業開発により新商品を生み出した場合どのようにして売り出すか、営業のプレゼンテーションに掛かってくると思います。新商品が相手の抱えている不満や問題点を、どれだけ解決できるものなのかをアピールしなければなりません。ストーリー性のある企画書を簡潔に分かり易く伝えることが重要なのです。

プレゼンテーションによる営業研修は初心者の人だけではなく、経験のある社員も多く受けています。
立派な企画書ができても、発表で相手に伝わることができなければプレゼンテーションは成功しません。

限られた時間の中で、いかに相手を引き付けるような発表ができるかがポイントとなります。分かりにくく、興味の無い話を聞くほど退屈なことはありません。

プレゼンテーションのスキルを上げる為の営業研修では、プレゼンテーションに関する基礎知識の他に、実際に発表も行うことで的確なアドバイスをしてもらえます。苦手意識を持つ人が多いプレゼンテーションは、数をこなし慣れることが大切です。

営業研修により会社の業績を伸ばす

いろいろな種類の研修の中で、最も企業が力を注ぐのが営業研修ではないでしょうか。営業が多くの契約を結ぶことで、企業の売り上げに繋がります。営業のスキルアップこそが企業の業績を伸ばす近道なのです。

営業研修の中にはアプローチ研修やヒアリング研修、提案研修、プレゼンテーション研修などがあります。
自分が苦手とするものは何か、どの部分の力を身に付けたいのか、目的をしっかり持ち自分に合った営業研修を受けることが大切です。

実際にお客様と対応するに当たり第一歩となるアプローチ。営業活動に行ってもあまり相手にされなかったり、アポイントすら取れなかったりということも少なくありません。

コミュニケーションを図りお客様に認知してもらえて始めて、商談へと持ち込むことができるのです。営業活動ではお客様との駆け引きも必要となります。ニーズを抱えているお客様を見極めていかなければなりません。
見込みがない場合には手を引きタイミングを見計らうことも大切です。

hikkoshi_check

足りない部分を強化する営業研修

景気が悪い現在では会社の業績を伸ばしていくことはとても難しいことです。商品の品質よりも値段が重視されるケースも多いのです。値引きに応じお客様の要望通りどんどん値段を下げてしまっては赤字となってしまいます。

また、値段が安くても品質が悪い商品は安定した需要は得られません。会社の業績を伸ばすには営業のスキルを上げることが必要です。営業研修にはヒアリング、プレゼンテーション、アプローチやビジネスマナーなど多くの種類があります。

自社の営業力には何が足りないのかをしっかり把握することで、目的に合った営業研修を行うことができます。
ヒアリングではお客様の問題点や不満などを明らかにしていきます。これらは会話力により見出していかなければなりません。

プレゼンテーションでは提案書に基づき分かり易く簡潔に発表しなければなりません。質問や反論にも的確に対応することも必要です。アプローチではお客様の信頼を得る為にコミュニケーションが大切となります。

新入社員による営業研修

春になり新年度を迎え企業には多くの新入社員が入社してきます。何も分からない新入社員の為に研修期間を設けている会社は多くあります。

会社により異なる新入社員研修は、部署ごとに別れ通常業務の中で行う場合や、新入社員全員でビジネスの基礎を学ぶこともあります。中でも営業職の場合には事細かな営業研修を行うことが多いようです。

営業職がいかに商品をアピールし、契約を取ってくるかが会社の利益を生み出すカギとなります。新入社員の営業研修では営業に関する基礎知識の他に、社会人としてのビジネスマナーも行います。営業職は営業研修で基礎知識を身に付けても、それを活かして行動しなければ成果は上がりません。

実際に上司や先輩と同行してお客様と接します。実際にやり取りを見て流れを掴むことで営業のやり方を覚えていきます。
会社の顔ともなる営業職はまず、お客様に覚えてもらわないことには始まりません。根気強く足を運びアプローチしてく、忍耐力も必要なのかもしれません。

営業 電話

営業研修で身に付けるビジネスの基礎

商品が売れるか売れないかは営業マンの腕次第と言っても過言ではありません。お客様のニーズに答え満足していただける商品を販売する。それには営業に関するノウハウをしっかり身に付けなければなりません。

多くの会社が行っている営業研修は、ビジネスマナーやプレゼンテーションなどを行います。
ビジネスマナーでは言葉使いや名刺の渡し方、打ち合わせでの座る席など基本のマナーを学びます。

プレゼンテーションでは商品のアピールだけではなく、様々な質問にも答えられるよう商品をしっかり把握することが大切です。商品はお客様の所に行けば必ず売れるという訳ではありません。

何気ない会話の中にも、お客様が何を必要としているのか見出していかなければならないのです。営業研修では会話力のスキルを伸ばす為ヒアリングの基本を学ぶ所もあります。

商品は注文をされた物を売るだけではなく、お客様のニーズに合う商品を提案しなければなりません。営業研修で学ぶ基礎がとても大切なのです。