営業研修でのロールプレイング

2014年12月15日コメントは受け付けていません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 営業研修でのロールプレイング
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
営業研修でのロールプレイングジャックの営業研修道場

“自分の会社の商品を売る、または会社が行う仕事を獲得してくるという点で「営業」の仕事は会社の中で重要な部門であることは間違いではありません。よって営業の成績が良くないと、企業の業績にも影響してきます。

そこで私たちの会社では「営業研修」を仕事の一つとしています。今回は研修のプログラムの一つとして「ロールプレイング」について説明し、営業研修の効果がどのようなものなのかを話します。

例えばある営業マンの人が会社のお得意先に営業に行くことを想定して、研修の参加者の方に営業マンの立場と、そのお得意様の立場の両方に立ってもらい営業の場面を演じてもらいます。

営業の基本一つは「相手の立場に立って話をする」ことだと思います。しかし営業マンの人がお得意様の立場に立つということは少ないと思います。そこで実際にお得意様の立場を演じ、向こう側の営業マンの話し方が良いのか良くないのかを考えてもらうのです。また研修に参加した方々がお互いに話し方の問題点や改善策を話し合うこともできますので、自分が営業マンとして直すべきところを理解することにもつながるのです。”

Categories: doujou