Monthly Archive, 4月 2014

営業研修で学んだ無理な要求をかわす方法

商品を販売するに当たり何の問題もなく、私たちの希望通りの条件で「分かりました」と即決するお客様はいないでしょう。金額が大きい場合や注文数量が多い場合には、必ずと言っていいほど値引き交渉が行われているのです。

お客様の要望は値段だけではありません。早急に商品が欲しいと納期を狭まれたり、無理難題を言われたりすることも多いのです。このような場合の対処法に頭を抱えている人も多いのではないでしょうか。営業研修の際によく言われるのが、自分とお客様は対等な立場であるということです。

お客様の要望を何でも聞いていたら赤字となってしまいます。また、他社との値段の下げ合いで悪循環を招いてしまうのです。だからと言って「できません」と真っ向から対立してしまうのはよくありません。

断るにしても言い方一つで相手の印象は変わります。営業研修ではビジネストークのノウハウを教えてもらえます。相手に伝わるトークができることで、次へと繋がる営業ができるのです。

交渉術